top of page

なぜ? お酒を飲むと太る原因 〜三鷹パーソナルジム〜


こんにちは!


Personal GYM Natureの石塚です!



皆さんは普段、お酒は飲まれますか?


ダイエットやボディメイクなどで身体を変えたい!と決意した時に

まずはお酒は控えましょう!という記事やアドバイスをよく耳にするかと思います。




今回はその身体を変えるにあたり、なぜお酒を飲むと太りやすくなってしまうのか。

の原因をご紹介いたします!





1、代謝が落ちる


お酒を飲んだ後、アルコールを分解するために肝臓の働きが優先されます。

そうすると身体の他の機能が一時的に停滞し、新陳代謝が低下。


その結果、他で代謝できなかったエネルギーが余って脂肪として蓄積され、太りやすくなってしまいます!




2、余った糖質が脂肪として蓄積される


▫️原材料に糖質が含まれているお酒

 (ビール、日本酒、ワイン等)


▫️砂糖が含まれているお酒

 (梅酒、チューハイ、カクテル等)


上記の種類は糖質が含まれ、カロリーが高いお酒となります。


どれも普段飲まれるものが多いかと思いますが

これらの飲む量が多いと、中性脂肪が増え太りやすくなります!




3、過剰にカロリー摂取しやすくなる


お酒を飲むことで食欲を抑える“レプチン”というホルモンの分泌が減少し、食欲が止まらなくなる可能性が高くなります。


その上、飲む量が多いと尿量が増え、“一時的な脱水状態”になり

水分を欲すため、より暴飲暴食に繋がります!


また、その状態になると電解質(塩分)も同時に失われます。

お酒を飲んだ後の締めはラーメン!とよく言われますが

しょっぱいものが欲しくなるのには、実はこういった背景があります。






そうは言っても、お仕事の関係上、飲まないといけなかったり

お酒がないとやってられない!やめられない!

という方もいらっしゃると思います。



そんな時は“種類と量”を気をつければ大丈夫です!


▫️ハイボール

▫️焼酎

▫️生レモンサワー

▫️ウィスキー

▫️ウォッカ

▫️糖質ゼロのビール


これらの種類は糖質や砂糖が含まれていないため、ダイエット中でも飲めます!






ただし、ハイボール・ウィスキー・ウォッカは割るものに注意が必要です。

コーラやジンジャーエールなど清涼飲料水で割るのではなく、ロック・水割り・ソーダ割りとシンプルなものにしましょう!



また、飲む量については人によって変わりますが

1日1〜2杯までを限度に最初は設定できると良いと思います。




お酒のことを理解し、うまく向き合えば

ダイエット中でも飲みながら身体を変えていけるので、ぜひ意識してみてください(^^)


最後までご覧いただき、ありがとうございました。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Personal GYM Nature 三鷹


☑︎一瞬ではなく、一生のカラダ作りを習慣に

☑︎完全プライベート空間

☑︎ダイエット・ボディメイク・姿勢改善

☑︎月額から通える


▫️三鷹店 (三鷹駅徒歩5分)

  東京都三鷹市下連雀3-29-4 クレール三鷹302



閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page